FC.Padres

フットサルチーム FC.Padres

ポジション

time 2008/06/20

ポジション

フットサルもサッカーと同じように、FW、MF、DFでも良いのですが、フットサル独特の呼び方があるので、書いておきますね。

  • PIVO(ピヴォ)
    サッカーでいうFWでしょうか。最前線に位置し、シュートはもちろん、ポストプレイ、ボールキープとこなさなければならない、重要なポジションです。
    Pivotと似てますね、語源は一緒でしょうかね? Pivotてのは、中心とか軸とかって意味なので、まさにフットサルのコートで攻撃の軸になるのがこのポジションと言うことになります。
    まず、このポジションにボールを預ける事が、得点への第一歩ですから、攻撃側はここへパスを通す事を目的とし、守備側は、ここへパスされない事を目指します。
  • ALA(アラ)
    サッカーではMFに位置するポジションです。サッカーのMF同様、攻守を見極め一番動き回らなければならない、体力のいるポジションです。常に全体のバランスを見る事を求められます。
    ピヴォに預けたボールを得点へ結びつける為に動き回らなければなりません。いかにして得点へ結びつけるか、想像力が試されます。
  • FIXO(フィクソ)、BEQUE(ベッキ)
    いわゆるDFのポジションです。最終ラインなので、守備の要になります。守備意識を持ちつつ、バランスを考え攻撃参加しなければならないポジションです。また、最後尾なので、ゴレイロとの守備の連携も大切です。
    ピヴォとマンツーマンになるポジションなので、常にピヴォの位置を把握しつつ、相手ピヴォに仕事をさせないことが、このポジションの第一目標です。
  • GOLEIRO(ゴレイロ)
    キーパーですね。サッカーではキーパーというと、ゴールを守るだけの存在と思われがちですが、フットサルではフィールドプレイヤーとしても参加する必要があります。バックパスルールを十分に理解した上で、キーパーが攻撃に参加できれば、チーム力は格段にアップします。
    また、最後尾であるキーパーのコーチング(声だし)は非常に大切です。

sponsored link

down

コメントする




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

チーム情報

コラム



sponsored link

アーカイブ